So-net無料ブログ作成

【2014年の振り返り】「保育現場の「深刻事故」対応ハンドブック」(ぎょうせい・共著)の出版と、 内閣府「教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会」の開催 [保育について]

年末年始なので(笑)、2015年を展望する前提として、2014年を振り返っています。

 私が本格的に保育事故にかかわりだしたのは、2001年(平成13年)のちびっこ園西池袋園における死亡事故と、それを受けて、児童福祉法改正のロビー活動に奔走し、前年の大和市のスマイルマム事件と併せて、2001年10月に児童福祉法改正で、認可外保育施設の届け出制、指導監督権限の法定に至ったときに遡ります。

 それ以来、ことあるごとに厚生労働省に申し入れをしたり、保育園関係者に対して「事故から学ぶ」研修を年30回ほど行ってきましたが、山が大きく動いたのは、2009年(平成21年)11月に、過去40年に報道されたり赤ちゃんの急死を考える会が相談を受けた240件の保育施設における死亡事故を公表したときですね。
 毎日新聞が大きく報道してくれて、これを受けて、国が、保育施設における死亡事故の件数も内容も把握すらしていないことが明らかになり、厚生労働省が毎年1月に前年の「保育施設における事故報告集計」を公表するようになりました。

 しかし、この「保育施設における事故報告集計」は、厚労省が地方自治体に対して、地方自治法に基づく技術的助言として、報告を「お願い」するものに過ぎず、法的な報告義務は課せられていなかったため、保育事故の報告漏れが相次ぎました。
 2013年(平成25年)10月に、読売新聞が報告漏れの事故について報道してくれたことで、厚生労働省は同年10月末日付で、地方自治体に調査を求め、平成16年4月から24年12月末までの31件を追加報告しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000031841.html

その後、保育事故の報告を「お願い」ベースではなく、法的義務にするように、再三にわたり厚生労働省に働きかけてきましたが、子ども子育て支援新制度への移行に伴い、教育・保育施設に関してのみ、法的義務が課されることになりました。

これに先立ち、重大事故が生じた場合に、どのような事故調査をすべきかの指針とすべく、2014年6月に「保育現場の「深刻事故」対応ハンドブック」(ぎょうせい・共著)を出版しました。



保育現場の「深刻事故」対応ハンドブック



その後、 内閣府で「教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会」が設置され、上記ハンドブックの共著者であり、保育施設での死亡事故の遺族の一人である栗並えみさん、山中龍宏医師が委員に入りました。
現在、中間とりまとめが作成されたところです。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kyouiku_hoiku/pdf/chukantorimatome.pdf

今後は、事故予防ガイドラインの検討、事後的な検証のあり方についての整理に議論が移っていく予定です。

不十分なところもありますが、10年越しで保育事故の報告義務と検証制度を求めてきたことからすると、大きな前進があったと評価して良いかと思います。


nice!(1) 

弁護士法人きぼう の本所を移転しました。& 私も本所に登録変更しました。 [所属事務所]

先日、弁護士法人きぼう の本所を、以下の住所に移転し、
あわせて、私の弁護士登録事務所も、練馬大泉支所から本所に戻しました。

〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-1-6
藤枝ビル3階
(丸ノ内線・新大塚駅徒歩1分)

弁護士法人きぼう
 東京きぼう法律事務所
電話:03-5957-5767 FAX:03-5957-5768
http://www.kibou-lo.jp/index.html

新大塚は、20年前、茗荷谷の事務所でイソ弁をしてた頃に住んでいた街です。
ボス弁の
「住んでいる街で人権を実現しなかったら本当じゃないだろ」
という言葉に感銘を受け、職場の直ぐ近くに住みました。

それ以来、「住んでいる街で」にこだわっています。

東京弁護士会の池袋の公設事務所に赴任したのも、
霞ヶ関・銀座・虎ノ門に相談したい人を呼びつけるのではなく、
人々が住んでいる街の近くに弁護士が出て行こう、という心意気に共感したからです。

公設事務所の任期を終え、当法人を立ち上げて、
新潟県柏崎市に支所を出したのも、
新潟県糸魚川市に支所を出したのも、
練馬区・大泉学園に支所を出したのも、
その街に住んでいる人が、住んでいる街で当たり前のサービスの一つとして、
弁護士に相談できる社会をめざしてのことです。

そういう意味で、池袋というターミナル駅ではなく、
新大塚という人が住んでいる街に本拠地を移したことは、とても嬉しいことです。

豊島区・文京区の境目のこの地で、どんな出会いが生まれるか、楽しみにしています。


nice!(0) 

大泉学園の美味しいもの~その3 [雑感]

【tonto】

大泉学園北口を右斜めに3分ほど行ったところに、
うちの事務所が入っているレンガ色のマンションがあります。
1階には、tonto という韓国料理店が入っています。

スンドゥーブチゲ、石焼ビビンパなどのランチメニューには、
キムチやナムルや卵焼きみたいなお通しがついて、
とっても美味しくてリーズナブル。

事務所からエレベーターで降りるだけ、という手軽さもあって、
ついつい通ってしまいます。


【マライ】

大泉学園駅北口を事務所のほうに向かう途中、
雑居ビルの2階にマライというタイ料理店があります。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13020856/

どうもタイ人が経営しているお店のようです。

トムヤムグンラーメンを注文したところ、スープが後を引く美味しさ。
加えて、チャーハンがついていて、満腹度ばっちり。
リーズナブルで、また来よう!って気になりました。

一方、同行した若者(男子)が頼んだスペシャルランチはボリューム感が乏しく、
どうして単品よりスペシャルランチのほうが量が少ないんだろう???
彼はちょっと物足りなかったようです。


nice!(0) 

不動産管理会社の役員報酬と成年後見 [成年後見について]

不動産管理会社の役員報酬と成年後見

超高齢社会に突入して、最近、増えてきているご相談は、
親から相続した不動産を、不動産管理会社で管理し、
子どもたちは不動産管理会社の取締役として役員報酬を得ていたが、
本人が脳血管障害やアルツハイマーなどにより認知症となってしまった、
自宅をバリアフリー化するために家を建て替えようとおもったところ、
銀行や住宅メーカーから、成年後見制度を利用しないと契約できないと言われた、
という類のご相談です。

(ちなみに、プライバシー保護の観点から類似の事例を組み合わせた設例です。)

     ●=■
   __|___
  | |  |  |
  兄 姉  |  妹
        |
  相談者=本人


成年後見・保佐の開始審判を受けると、
会社の取締役の欠格事由にあたるため、
役員の地位を失ってしまいます。
そうなると、役員報酬を受け取れなくなってしまいます。

他方、収益用不動産による上がりを、
役員報酬ではなく株主への配当として分配してしまうと、
すべて利益処分となり、課税対象となってしまいます。

こうなる前に、判断能力がある段階で、任意後見契約を活用するなど、
対策をとっておくことをお勧めします。

2014年2月5日追記
既に、判断能力が低下してしまった方についての次善の策は、
ケースバイケースになりますので、ご相談ください。

nice!(0) 

ねりま社会福祉士会の役員さんと交流会 [所属事務所]

先週の土曜日、東京社会福祉士会所属のねりま社会福祉士会のみなさんと、
うちの法人の社会福祉士課程を修めた2人の弁護士とともに、
練馬大泉きぼう法律事務所で交流会をしました。

地域で高齢者に関わっている方、精神障害者に関わっている方、
他区の福祉事務所にお勤めの方、社会福祉協議会のお勤めの方、
一口に「社会福祉士」といっても、本当に専門分野は多岐にわたりますね。

かくいう私たちのほうも、
主に高齢者の案件、知的障害者の案件を扱っている者、
知的障害者・精神障害者の案件を扱っている者、
児童分野の案件を扱っている者、と、バラバラです。

お互いにひととおり自己紹介をするだけで30分以上かかりました。
日頃、仕事で見ている景色が少しずつ違うので、
自己紹介だけでも、けっこう刺激的でした。

練馬地域に根ざした活動に、是非、混ぜてもらいたいとお願いして、
初回の顔合わせを終えました。

今後の展開が楽しみです。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。