So-net無料ブログ作成
弁護士寺町東子について ブログトップ

【雑感】武闘派?弁護士の紛争解決方法 [弁護士寺町東子について]

先日、1年の始まりに(というには1月も下旬だけど・・・)、
私自身の昨年1年間の受任事件の傾向を振り返ってみました。

私が代表社員を務める弁護士法人は、
すべての人が、自分の住んでいる町で法的サービスを受けられること、
を目標にしているので、
もちろん、私の講演をお聞きいただいた方や、HPをご覧になった方など、
紹介者のないお客様も多いのですが、
紹介者のあるお客様も大きい割合を占めています。

その紹介元は、
税理士さん、公認会計士さん、行政書士さんからのご紹介はもちろんですが、
意外にも、同業である弁護士からの紹介案件が結構多いのです。

そして、いわゆる「士業」の方々からのご紹介案件は、
キッチリ立証し、闘うべき案件が殆どです。
そういう意味では、「闘う弁護士」、もっと言えば「闘って勝てる弁護士」、との評価を
「士業」の方々から、いただいているものと自惚れておきましょう。

このように、「武闘派」と周囲の弁護士からも自分自身でも認識している私が、
事実の確定において大事にしていることを、ひとつ、ご紹介しておきます。

それは、依頼者の話にせよ、相手方の主張にせよ、
「その話が真実なら必ず存在するであろう証拠」を拾い集める作業です。

なんだそんなことか、と思われるかもしれませんが、
こんなことができていない当事者、こんなことができていない関係者、代理人は
意外と多く見られるところです。
この「その話が真実なら必ず存在するであろう証拠」が何なのかは、
領収書であったり、伝票であったり、日報への記載であったり、レセプトであったり、
具体的には事件により異なるわけですが、
「その話が真実なら必ず存在するであろう証拠」が立証の鍵になる、ということ自体は、
すべての事件に共通するセオリーでもあるわけです。

これを見つけるのに大事なことは、弁護士に相談するような異常事態になる前に、
ルーティンがどこにあったのか、を知ることです。
普段のやり方、普段の様子、普段の記録などに照らしていけば、
「異常事態」は際立って浮き上がってきます。
この「普段のやり方」(=常識と言ってもよいかもしれません)を、どれだけ知っているかは、
嗅覚の前提として、とても大切です。
「弁護士にとって、すべての人生経験は無駄にならない」と言われる所以です。

弁護士のアイデンティティは、
事実を証拠により確定した上で、
法的な観点から「出るところ(裁判所)に出たらどうなるか」を見切り、
それを解決の基準として踏まえながら、解決方法を探ることです。

「足して2で割る」ような、あるいは、「喧嘩両成敗」のような解決はしません。
あるいは、
「出るところに出たらどうなるか」の基準に照らして、
勝ちすぎる解決も、社会正義の観点からは、良い解決とはいえないでしょう。

近江商人の「三方良し」※ではありませんが、
双方の当事者が納得し、社会正義にも適う解決が、弁護士の目指すべきところでしょう。


※ 三方良し
「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。
売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということ。
近江商人の心得。
(デジタル大辞泉より http://kotobank.jp/
nice!(0) 

仕事への思い [弁護士寺町東子について]

大切な家族が命を落としたり、障害を負ったとき、何故そうなったのか、という家族の想いに寄り添って、家族と一緒に事実を解明するお手伝いをする仕事を中心に活動しています。中途障害を負った方をトータルにサポートするために社会福祉士資格を取得し、そこから高齢者・障害者の権利擁護に関する事件にも関わるようになりました。


nice!(0) 

著作 [弁護士寺町東子について]

・「保育現場の『深刻事故』対応ハンドブック」ぎょうせい・共著 ・「医療と子どもの人権(子どもの人権双書4)」明石書店・共著
・「まんが医療過誤・するな泣き寝入り」日本評論社・編集
・「証拠収集実務マニュアル」ぎょうせい・共著
・「成年後見の法律相談」学陽書房・共著
・「成年後見制度をめぐる諸問題」新日本法規出版・共著
・「 お母さん弁護士が答える子育てママのトラブル解決マニュアル」メイツ出版・監修
・臨時増刊判例タイムズ1178号「説明義務違反・情報提供義務をめぐる判例と理論」
[編] 中田裕康/山本和彦/塩谷國昭 「Ⅱ各論 2保険契約 判例分析 告知義務」執筆

・「保育事故を繰り返さないために」武田さち子/著 赤ちゃんの急死を考える会/企画・監修
nice!(0) 

取り扱い分野 [弁護士寺町東子について]

【取り扱い分野】
交通事故、医療事故、保育事故その他、人身損害に関する賠償請求事件
成年後見・財産管理・遺言・遺産分割・離婚など家事事件
労働審判・労働災害など労働事件
保育施設における重大事故予防に関する講演

【主な関与事件】
・春日部高校山岳部熱中症死亡事故事件
・UPPP死亡事故事件
・障害者の医療事故損害賠償請求事件
・ちびっこ園乳児窒息事故事件
・上尾市立保育所熱中症死亡事故事件
・薬害エイズ原告弁護団


nice!(0) 

主な活動歴 [弁護士寺町東子について]

【弁護士会関係】
東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会 委員長(2013年度・2014年度)
東京弁護士会高齢者・障害者総合支援センター(オアシス)相談員
日本弁護士連合会日本司法支援センター(法テラス)推進本部委員
【行政関係】
東京都介護保険審査会委員(2004年度~2009年度)
豊島区社会福祉協議会サポートとしま専門相談員 (2003年度~)
豊島区権利擁護ネットワーク会議委員(2009年度~)
豊島区障害者虐待対応機関連絡会議委員(2011年度~)
文京区成年後見制度推進機関ケース会議委員(2012年度~2014年度)
練馬区保健福祉サービス苦情調整委員(2013年度~)
練馬区都市計画審議会委員(2013年度~)
【弁護団等】
赤ちゃんの急死を考える会
医療問題弁護団
患者の権利オンブズマン東京
薬害エイズ原告弁護団

nice!(0) 

プロフィール [弁護士寺町東子について]

1968年生まれ
1991年 中央大学法学部法律学科卒業
       司法試験合格
1992年 第46期司法修習生
1994年 弁護士登録(東京弁護士会)
       鈴木利廣法律事務所に所属
1999年 樫の木総合法律事務所設立
2003年 社会福祉士登録
2005年 弁護士法人東京パブリック法律事務所に赴任

2009年 東京弁護士会調査室嘱託 ~2012年 (弁護士紹介センター・成年後見分野担当)
2010年 弁護士法人きぼう 設立
2013年4月 ~2015年4月  東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会 委員長

nice!(0) 
弁護士寺町東子について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。