So-net無料ブログ作成

弁護士法人 きぼう 設立趣意書 [所属事務所]

私たちがめざすもの
弁護士法人 きぼう
2010年8月
 私たちは、この国に住むすべての人々が、自分の住む地域で、法に守られ、
被害を回復し、安心して心豊かに暮らせる社会を作ることに役立ちたいと考え、
「弁護士法人きぼう」を設立しました。
 
 人は、希望がもてなければ、いきいきと生きることはできないといいます。
 しかし、人生には、時として、希望を失わせるような出来事が起こります。
 たとえば、ある日、突然、ご自身や家族などの大切な人が事故に遭遇してしまったり、
 たとえば、職を失って借金で押しつぶされそうになったり、
 たとえば、配偶者の暴力に耐えかねて家を出ざるをえなくなったり、
 たとえば、元気だった親御さんが認知症になって身の回りのこともできなくなったり、
さまざまな困難に遭遇して、希望を見失いかけたときに、
私たちはあなたの力になりたいと思っています。
 私たちは、これまでも東京をベースに、希望を失いかけて途方に暮れている方々に
法的なサービスを提供し、再び生きる希望を取り戻して歩き始めるお手伝いをしてきました。
 また、この国に住むすべての人々が、その人の住む地域で、法により守られるように、
「弁護士がいない・足りない地域※」に、人々の立場に立って法的な助力をする新人・若手弁護士を養成し、
日本全国に送り出す支援活動を続けてきました。
この10年余りの全国的な取り組みによって、現在、数の上では、「弁護士がいない・足りない地域」
そのものは減ってきています。
しかし、たとえば、私たちが活動のベースをおき、大勢の弁護士が事務所を開設している東京と
その周辺の関東各県などにおいてすらも、必ずしも、大多数の方々に良質な法的サービスが
充分に提供されているとはいえません。
弁護士に相談したり事件を依頼することが困難な人々が大勢います。
 そこで、私たちは、私たちの住む東京近辺、そして関東・甲信越・東海・南東北の地域を
この法人の活動領域として、この地域に住む人々に寄り添い、良質の法的サービスを提供するために、
少しでも尽力したいと考えています。
 私たちは、この目標のもとに、集い、それぞれの活動分野と個性を活かしながら、
新たな活動を始めます。
あらゆる困難な問題に取り組み、打ち勝つために、力を尽くします。

※ 裁判所の支部の管内に弁護士が0人か1人しかいない「ゼロワン地域」や

人口に比較して弁護士数が非常に少なく、弁護士に相談したり事件を依頼することが困難な地域

=「弁護士過疎・偏在地域」を総称しています




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。